物語は2018年4月25日に始まりました。アンジュルムのパリ公演前、6月2日に、踊ってみた映像を撮影する予定でした。ただし、33 Degreesからすごく驚いた発表がありました。それは、コンテストで勝つアマチュアグループはアンジュルムパリ公演のオープニングアクトをやらせていただくことです。しかも、ラ・シガルという会場なので、600人以上のハロプロファンの目の前に踊るチャンスでした。ビデオを送る締切は5月10日となったので、数月前撮影したJuice=Juiceの「Fiesta ! Fiesta !」で参加することにしました。
せっかくなのでなぜ新しいダンスを撮影しなかったのかというと、それはAmaitsukiのメンバーがフランスのいろんな所に住んでいるからです。そして、5月は大学生の試験時期だから、集まるためとても難しかったです。アンジュルムさんの曲じゃなくて、なぜJuice=Juiceの曲を選んだかというと、それは私たちがアンジュルムのダンスを撮影した中、最近の曲がないからです。でも、「Fiesta ! Fiesta !」はJuice=Juiceのパリ公演のエンブレムじゃないかなと思って「ぴったりだ」というふうに思いました。もちろん、そのビデオはKabuki Studioに編集されたことも決断に影響がありました。

33 DegreesがYouTubeに投稿した参加者のビデオをメンバーみんなで見ました。正直、見るとテンションが上がりました。何年前から憧れているグループやソリストも参加することを意識して、モチベーションアップした同時にストレスもどんどん溜まりました。Amaitsukiの参加映像を見てくれる人たちはどんなリアクションをするのか。不安がありました。

同時、キャンディのSNS大作戦が始まりました。Twitterで毎日ビデオとかを投稿して、いろんな人にコンテストのことを知らせました。メンバーも自分のFacebook、Twitter、Instagram、YouTubeチャンネルで「いいね!よろしく」という作戦でファンを集めました。そして、初めて3か国語(フランス語、英語、日本語)でYouTubeライブとショールームをやってみました!とても楽しくて、またやりたいという気持ちです。


ミカン・ウメ・レモンのYoutube生放送

コミュニケーションは確かに大事なことなんですけど、組織もとても大変でした。コンテストの結果は5月25日だった。だから、パリ公演の前に一週間しかなかった。でも一週間でオーディオミキシングをする、衣装をプロデュースする、メンバーの役割配分を決める、ダンスナンバーを選ぶ、それは22人のその大きなグループで無理だと思って、実は結果が発表される前に、もし勝ったら何をするかという質問にしっかり考えました。もし勝てなかったら6月2日に何のカバーを一緒にするのかも予定しました。


キュウリ・スイカ・ミズ・ハルマキ

結果がついに発表されたとき、私の気持ちは微妙でした。泣いた子もいた、信じられなかった子もいた。私はもちろんすごくハッピだったけど不安がものすごく強かったんです。こんな大きいステージに立てられるのか、ハロプロのファンの目の前に立てていいのか、他の参加者は応援してくれるのか、みんなはどんな反応をするのかというのが怖かった。それでもライブ前、後一週間しかなかったからスタッフの一人として迷う余裕がなかった。Amaitsukiらしい元気なパーフォーマンスを皆さんに見せるため、頑張るしかなかった。なぜ「Oh ! My Wish」と「桜ナイトフィーバー」をオープニングアクトとして選んだかというと、それはAmaitsukiらしい曲だからです。一番目はフォーメーションダンスがかっこよくて、二番目は楽しいから、Amaitsukiのいろんな姿を見せられるんじゃないかなと思いました。
でわ、「え ?! でもどうやって? フランスの方々に住んでるでしょう? どうやって一週間で一緒に練習できたの?」という皆が聞きたかった質問に答えていきます。それは、いつも通り練習したけど速さは4倍でした(笑)。メンバーはバラバラだから、いつも一人で自分のダンスパートをコンピューターで練習したり、ビデオで細かいところを説明したり、フォーメーションダンスが書いてある紙を作ったりして、ライブの準備をしました。11人での練習は一つしかなかった、それは本番前の6月2日でした。しかも、皆はいつも忙しいし授業とか仕事とかもあって、リハーサルは午後1時にしか始まりませんでした。休憩もあまりなくて、午後8時までできるだけ真剣に練習していました。



ダンス担当の4人:キュウリ・パインアップル・ミカン、そして2番目の画像ミズもいる

クリーム・マッチャ

さて、思い出深いのその6月3日について自分の印象を書きたいと思います。ラ・シガルで集合時間は12時でした。午後8時のコンサートの前、後8時間。サウンドトラックチェックしたり、ステージに上がってみたり、また練習したりして、人生で一番ストレスを起こさせるような8時間でした。はっきり言って、アンジュルムさんと会うことをすごく楽しみにしていた。でも、夢は全部叶えられないよね。こんな素敵なステージに立てられることで十分幸せだと思うけど後悔がないと言ったら嘘になります。憧れているアンジュルムさんとちょっとだけでもグループとして会いたかったんです。確かに、遠くから見たことがありますけど話はできませんでした。でもね、Amaitsukiはとても前向きなグループだし、皆はポジティブだし、それでいいと思います。そして、33 Degreesのスタッフに聞いてみたら、静かにしたら奥からアンジュルムのリハーサルを見させていただきました。それはすごく感謝しています! その時にね、入ったらアンジュルムさんがこちを見て「Fiesta ! Fiesta ! 」のさびを歌ってくれた。それはもう、一生忘れられない大切な思い出です。ありがとうございます!十分も子供みたいに泣いたメンバーもいる(笑)。


でも一番感動したのは、アンジュルムの4人のメンバーがAmaitsukiのサウンドチェックをみてくれたことです。流れていた「Oh My Wish」が気になったのか、オープニングアクトはどんな感じになるのかが気になったのか、とにかくテンション上がって奥から応援してくれました。コールまでしてくれてとても感動しました。本番の時も幕の後ろからパーフォーマンスを見ていた子もいる。それは、想像してなかったことだからなんか築いた時もっと緊張してきた(笑)。でも、すごくいい思い出になったので「見てくれて本当にありがとう」と言ってあげたかったんです。

今まで書いたことを再び読んだらすごく大事なポイントを忘れたと分かった(笑)。ストレスだ! 7分だけだったのに45分のいつものライブとの緊張感は2倍~3倍強かったよ! 確かに一番最初のステージの前のストレスもすごかった…その時、私どうしてここにいるの?うちに帰りたいという気持ちだった(笑)。けど今回、振付じゃなくて、日本語でのスピーチは何よりも怖かったんです。600人の前に日本語で話すって普通しないんだよ(笑)。言葉を失う恐れがすごかった本当に。


画像:Juelma Neto

後は何ですかね…色々あったから全部は書けないけど、数日後、試験がある子もいたし、翌日にすごく早い時間に起きなければならない子もいたし、オープニングアクトが終わった後すぐ泣きくずれた子もいたし。大変だったけど、一緒にチャレンジして良かったと思います。機会があればまたステージに立てたいと思います。

最後に、アンジュルムを見にきたファンの皆さんにとても感謝しております。こんな強いエネルギーで盛り上がってくれて本当に本当に心の中からありがとうございました!そのペンライトの海、コールの強さは素晴らしかったです。いっしょ忘れられない人生の7分でした。


後: モモ・ミズ・クリーム・ミカン・ハルマキ – 中: パインアップル・キュウリ・レモン – 前: レイシ・マッチャ・スイカ

コンテストを組織したと色々手伝ってくださった33Degreesにも改めて感謝の気持ちを伝えたいと思います。ラ・シガルのスタッフにもありがたい気持ちでいっぱいです。コンサートの前と後、Twitterとかでたくさんの優しいメッセージもいただいて嬉しかったです。Amaitsukiに信じてくれてありがとう! 皆さんがいなければ夢が叶えられなかったんです。ありがとうございました。

「あれ? 十周年アニヴァーサリーの話はいつも通りしないの? 」という方々もいるだろう。ハイハイ! じゃあ、しますね! これはただの偶然ですけれども、今年Amaitsukiは十周年を迎えるので、このタイミングでラ・シガルというパリの有名なステージに立たせていただいて、最高のプレゼントでした。夢にも思わなかったことです。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

ミカン
日本語に解釈:ウメ